前田亘輝「TUBE」× 杉本達「映画 未来日記」が仕掛けた究極の町おこし作品が完成!

映画『YOU達HAPPY映画版 ひまわり』 OFFICIAL SITE 映画『YOU達HAPPY映画版 ひまわり』 OFFICIAL SITE

INTRO

2017年7月。栃木県那須烏山市でとある映画がクランクインしました。作品名は「YOU達HAPPY 映画版 ひまわり」。この映画は人気バンド「TUBE」のボーカル前田亘輝が長年パーソナリティを務めるラジオ番組の「YOU 達HAPPY」で産声をあげました。本作は前田亘輝が全国のライブで感じた地方の過疎化問題から地方創生をテーマに、映画版「未来日記」で話題を呼んだ杉本達監督とタッグを組み、那須烏山市で仕掛けた“町おこし”映画となっております。そして新たな手法としてドキュメントと芝居を物語に融合させ、地域の人々や景色を鮮度よく、そしてリアルに描いた作品となっています。

またリアリティに拘り、この映画に出演するヒロインとその友人には地元、栃木県那須烏山市でオーディションを行い、この町の未来の為に本気で取り組む2人の地元高校生を選出。この2人の成長物語こそが作品の見どころであり、偽りのない姿です。この作品をプロデュースしたのは映画「信長協奏曲」や「SP」を手がけた古郡真也。その古郡の呼びかけで企画に賛同した本物の俳優やタレントも東京から合流し、前代未聞のエンターテイメント作品がこの那須烏山市で実現しました。

映画「YOU達HAPPY 映画版ひまわり」は前説にもありましたロックバンドTUBEのボーカリスト前田亘輝氏と映画、テレビの「未来日記」などを手がけた杉本達監督の立案で動き始めた作品であります。日本の至る所で問題となっている過疎化問題。それは今後に日本を担う若者たちのモチベーションや夢のやり場にも大きく影響していきます。今回はその過疎化地域の問題を若者に焦点をあてて、その町の歴史や人情を知り、そして生まれ故郷をあらためて愛する事をテーマに作品が作られました。その手法は地方による映画撮影誘致という枠ではなく、その町自身が映画の主役となり、その町で生きる女子校生が本当の生きがいを見つけるセミドキュメンタリー作品となっています。

STORY

那須烏山に住む2人の女子高生の佑香(本名)と由比(本名)は、町を盛り上げる為に開設されることになった地元のコミュニティFM立ち上げに参加する。FM運営の為に東京からやってきた夏生(大東駿介)と龍二(佐久本宝)と共に番組のネタになるような地元の題材を探していく。ネタ探しに苦労する2人は、ある時、地元の『山あげ祭り』の深刻な担い手不足の問題に直面する。それは古くからの伝統・風習によって町が一つになれない事に起因していた。事態を解決する為に奔走する2人の高校生。彼女たちが仕掛けていく町おこし大作戦は、徐々に町の人々を巻き込んで、町のビックイベントになっていく…。

PROFILE

COMMENT

6月26日(火)に衆議院第一議員会館で行われた「YOU達HAPPY 映画版ひまわり」の試写会にお越し頂いた議員の皆様、関係者様には厚く御礼申し上げます。その会場にて頂いたアンケートを一部ご紹介させていただきます。是非、映画のご参考にして頂ければ幸いです。
参議院議員 平山佐知子先生  静岡県
泣きました。一ヶ月で佑香さんが あれ程成長するとは!! 由比さんも。またこの撮影を通してしか出会わなかったであろう皆さんが、一つの目的に向かって進む姿に感動。自分の街を主体的に、あるいは客観的に見つめていく素晴らしい映画企画と感じました。
衆議院議員  小田原きよし先生  東京都立川市
プロの役者さん達が台本なしの地元高校生と映画を作り上げる構想は新鮮でした。私の選挙区でも神輿がかつげなくなる神社、自治体が出て来ており他人事ではありません。
衆議院議員 寺田稔先生(秘書 迫田誠様) 広島県
地方にいると中々気づけない、その地方独自の魅力を発見し、他の地方や首都圏に発信していく参考となる、素晴らしい作品でした。

TRAILER

THEATER

映画「YOU達HAPPY 映画版ひまわり」公開情報
2018年8月4日(土)より、宇都宮ヒカリ座にて先行公開
2018年9月1日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

公開館